スコッチ天使団


すこるぴお日記
by sukorupio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
性の奴隷「愛・主婦」
from 愛・主婦
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


スコ「こんにちは~^^」
 皆 「こんにちわ~」
てぞ「この子達がさっき言ってたPTに入る人たちで、この人がリーダーだよ」
とお互いに紹介した。
俺も新しい仲間に胸がときめきメモリアルしたけど優しく自己紹介した。
スコ「私がリーダーのスコルピオです^^スコってよんでいいよ~」
三人「は~い」
てぞ「そして私が影のリーダーのてぞです(☆。☆)」
スコ「そうそう影のっておおいいいいい!影のリーダーとかいねえしヽ(`Д´)ノ」
もちぇ「ぐはははは我輩がデーモン小暮である」
スコ「いやいみわかんねえし( ̄□ ̄;)!!」
ま、もちぇさんのは勢い余って嘘書いちゃった(>w<)
でもそんな楽しい会話をしながら親しくなったのは確かだよ(≡∇≡)
紹介が終わったらPTメンバーの証にリボンを進呈!フェイのこうもり産だぜ!どこぞのお米券みたいに百枚もないぜ!
そして初心者三人の壁をする。もちろん場所はキノコ森だ!
花さんはとても明るい女マジで会話を振ればがんがん話してきた。うそ、このころはアチャでしたエヘ
かえるさんはおとなしかった。話をふってあげると喋るが、まあ大体皆そんなもんか(≡∇≡)
そして出ました。今も存在するシーラカンスことジニさん!
おとなしかった…
あ、やべじにさんの皆の印象がた落ち!?(>w<)
でも一番接続してきたからすごく仲良しになったね
でもむかつくときもあったんだぞヽ(`Д´)ノ
あの子チョ~俺おちょくるんだよ~(◎ε◎)
スコ「え?何それ教えて教え!」
じに「そういえばさ~」
スコ「話しそらさずに教えてよヽ(`Д´)ノ」
じに「最近ね~」
もおおおおおヽ(`Д´)ノ
そんな会話でイライラしたよ全くヽ(`Д´)ノ
だから俺はこんな日々を送って気付いた。じにさんには聞かないようにしよう(◎ε◎)
じにさん達が繋ぐようになってもちぇさんあんま繋がなくなったな(・ω・)カナシイネ
最近ご無沙汰だったが新しい仲間も増えたので夜十時に集まってPT狩りすることに決めた。
まだ新米はレベル低いからキノコで壁をした。
かえるさんはあんまり繋がなくて少ししてから抜けた(・ω・)
じにさんとハナさんはほとんど毎日集まってくれた。じにさんが変わりだしたのは少ししたある日のことだった。
基本十時まで自由行動だから俺はFD2で雑談しながらじにさんが繋いでたから、PTチャットでじにさんと喋ってた。お互いお笑い番組が好きなことを知り、おれがつっこみ。これは俺のが賢く素早いからである。
じにさんは、ボケ役で二人で漫才的なものをするようになった。
俺たちは妥協しない。日々厳しいネタあわせと反省会がつづいた。メンバーにも中々好評でついに我々は自分達の世界を完成させた。アンリミテッドブレあ、これちがった(>w<)
今は皆俺たちがわけわからん会話してると思っている人イルと思うが、俺たちの会話はネタのぶつけあいなんだ!よく覚えとけヽ(`Д´)ノ
今はレベルあがりすぎてのりっこみすると思わせて~つっこまないじらしネタが俺たちの流行だぜ☆
ま、一番の難点は俺たちの会話に他の人入ってこれる人がいないから孤立しちゃうことだよね(・ω・)
だからといって俺としか話が合わないから他の人とあんま喋らないわけじゃないよ(◎ε◎;)
で二人がプリキュアになってからまたメンバーが増えた。
俺は神楽さんを勧誘した。
神楽さんは重要キャラだから要チェックだな!(◎ε◎)
てぞさんがBENISさんを入れた。通称ベニさんだ剣士だ!
ベニさんもええ人やったな(≡∇≡)
もち神楽っちもいいやつ!マジ可愛いたべちゃうぞ!たべちゃった!みたいなこだったな~(◎ε◎)
神楽っちはログインあんまりしなかったけど、入ってくるとロミオ~って叫んで俺がジュリエッタ~って叫び、おおロミオロミオどうしてあなたはロミオなの
と、シェイクスピアも真っ青なネタをしてきたからちょ~大好きだったな(◎ε◎)
ある日集合で俺の会話テクのすごさを語り合った。
スコ「仲良くなれない奴なんていないぜ~すぐ誰とでも親しくなれるみたいな~(◎ε◎)」
じに「じにわね~人見知りじゃないよ知らない人とあんまり喋りたくないだけだもん」
べに「俺もまけんぐらい自信あるぞ(笑)」
この台詞がいけなかった。この世で俺と張り合える人間なんていないからである(≡∇≡)

次回予告「れもん100%」
[PR]

by sukorupio | 2006-10-28 17:26 | 携帯日記

いや~めっきり三日坊主になったスコルピオの~コーナー(≡∇≡)
いや風邪引いた風邪まじで~(◎ε◎)
それでも毎日走ってるとかおれどんなん!ヽ(`Д´)ノ
もち強制だけどな(◎ε◎)
いや~これ長すぎてかけないんよね

かといってかけるまで放置するとさぼってるみたいだからかいちゃったこれ!
なんかおれがしらんうちに大型アップデートがくるらしいな(≡∇≡)
忍者いいな忍者でもローグ消したくないしな(・ω・)
中々楽しみな企画だ(≡∇≡)
話は戻って昔話長すぎだってまじで(◎ε◎)
感動ストーリーの嘘かいたろかな(≡∇≡)
以上仲間の目を盗みながら書いた日記でした
[PR]

by sukorupio | 2006-10-23 18:42 | 携帯日記

スコルピオの~ちょっと息抜きのコーナーぱちぱちばち!
はいはい全世界の俺ファンおひさし~(≡∇≡)
ま~ここまで書いてみて思ったよ~
歴史長!おいちゃんβ編で挫折しそうよ(T_T)
でもそれでも皆の登場のために頑張る俺!ええはなしやな~(T_T)
一個書くのに大体二時間以上かかるから大変!
しかも思い出しながらだから超大変!
微妙に出会い方忘れてるかもしれんけどそんときはごめんちょ(>w<)
皆覚えてたら俺との出会いや会話コメントに書いといて!めーるでもいいぞ!
あとこれギルドやPTであったもめごとかかんほうがいいのかな
そこ難しいのよね(◎ε◎)
ま、そんなんあるのだいぶあとやけどね書かないほうがいいって人いたら書かないでおこう
何もない場合は、選んで使ってもよさそうなのをつかおう(≡∇≡)
では、のちの展開をお楽しみに~(≡∇≡)
[PR]

by sukorupio | 2006-10-09 17:01 | 携帯日記

新しい場所で新しい敵と戦えると思うとゾクゾクしたぜ(≡∇≡)
そして俺たちは初めての二階に挑戦した…二人で
っておい( ̄□ ̄;)!!三人じゃねえのかよヽ(`Д´)ノ
とか思っちゃった君。もっともな感想だね(・ω・)でもね、大人の世界はそんな甘いもんじゃねえんだよヽ(`Д´)ノ
本当はこれ書いてからその時もちぇさんいなかったことに気付いたんだよ(>w<)
俺はクルミさんの後について進んでいく。緊張しながら後を付いていくと道の分岐点付近でたくさんの人がたまってた。
どうやら固定狩りでまったりやっているらしい。
俺たちがその横を通っていくと楽しそうな話し声が聞こえた。
「ソロモンよ…私は帰ってきた!」
「僕には帰る場所がある…これほど嬉しい事はない!」
「赤いのは通常の三倍で指揮官用」
「ジークジオン!ジークジオン!」…全く理解できなかった(◎-◎;)
のちに知った。ガンダム好きが集まる団体だったのだと!おれこれ見るまでガンダム知らない子だったから何イッテンだろうと思ったよ(◎ε◎)
いよいよ固定狩りに丁度良い広場を見つけて狩り始めた。
ソルスケとアチャスケを初めて見て特攻!ソルスケは支援をもらってる俺は辛うじて避けれたがアチャは避けれない!なんて強さしてやがる!( ̄□ ̄;)
ひーひー言ってる俺に支援くれまくるクルミさん。支援しながらもバンバン敵を倒していた。
良く見ると俺よりかてえ上に攻撃強( ̄□ ̄;)!!
そこで初めて知ったよアコスキルのアンディットに対する強さを…(≡∇≡;)なぜ二階に誘ってきたかというとやっとこのスキルがカンストしたからであった!
俺はクルミさんを壁にして狩りまくる!チョーらくちん!その時のくるみさんの背中はお父さんみたいだったよ(T_T)
順調に狩っているとクルミさんが一言「ここ湧くとき一気に湧くから気を付けてね」
おいちゃんクルミさん強いから大丈夫だろとか思ってたら湧きのレベルが予想以上だった!
一匹湧いて叩いてると二匹湧いて一匹殺したら又湧くの連鎖!
なんでえこれ位なんぼのもんじゃいヽ(`Д´)ノ
って言う前におれ死んでたし(・ω・)しかしクルミさんはすごく耐える!なんだこの強さは!叩いてるだけなのに俺より孅滅はええし!
おいちゃん寝ながら応援してたがSPきれておっちんだね(・ω・)そして解き放たれるソルスケ軍団…運悪く横を通ろうとした男商人、女アコ、男ノビの三人家族…プライスレス…
ソルスケの奇襲を受けて吹き飛ぶノビ、一発で瀕死の状態らしく両親の後ろに走る。
アコすかさずヒールを打ち全員に支援の後シグナルなんやら。名前忘れたが画面全体のアンディットを弱らす魔法を使う!
その間にも迫り来る十数匹のモンスを商人が受け持つ。
明らかに許容範囲では無い。俺たちは見ていることしかできなかった。ノビは親の後ろで何もできず立ち尽くす。
きっと自分の弱さと自分をかばうために戦っている親を見て泣いているに違いない。
何しろ商人はバンバン攻撃を受ける。硬いわけじゃない避けることもできていない。
それをヒールとカート全部の売るために買ったPOTでふんばっているのが俺でもわかった。アコも殴る。SPをすべて支援に回して後は殴る。武器は杖だった…
減っても増えていく敵。俺たちはこの家族を死なせたくなかった。
一旦町に戻りすぐその場に戻る。まだ戦っていた。俺たちは加勢する。
俺たちが加勢すると少しして夫婦が力尽きる。二人の姿はすぐに消える。
俺たちの後ろにはノビがいる。負けるわけにはいかない。
二人があんなにしてまでかばっていたのだから!
クルミさんに多くのモンスを持ってもらい孅滅していく。俺たちも頑張っていたが数に限度がある。
じりじり押されて俺が先に倒れてしまう。クルミさんが死ねばノビも死ぬ。
助けを呼ぶにも周りに人が通らない。悔しい気持ちが高まったがやっと人が来た!
声をかけたがそれはあの夫婦だった。まだあきらめてはいない!
来た途端俺が立ち上がる。初めて見たイグハ。当時かなり貴重だったらしいが夫婦は使ってくれた。
すぐにヒールと支援が飛んできて頼まれる。
商人「どうかもう一度力を貸してください」
そんなことを言われて断るスコ様はいない!返事の代わりにガッツポーズで返し戦闘に復帰する。
今度の商人は一味違った。メマーナイトの連射だ。決して金持ちそうではないのに打ちまくる!
たぶん全財産を賭けているのだろうと思い、少しでも負担を軽くするために俺も頑張った。あの時気付かなかったが帰ってきてからの女アコの支援は尽きなかった。たぶんあおぽとぶどうかなり食ってたんだろうと思う。
激戦の後俺たちは勝った。勝利の興奮は納まらなかったが改めて家族からお礼を言われた。
今回の戦いで絶対に守りたいものがあるやつは負けないのだと思った。俺も仲間を絶対守ってくのだと誓ったのであった…
なんてねなんてね(>w<)
こんな家族がリアルにいたらすごいね。きっとこの夫婦ならたとえ死んでも子供守るねきっと(≡∇≡)
二階の凄さを知って又行ったな。
ソロで行ったときは悲惨だったな、全然避けれなくてしぼんぬ(・ω・)
しかし俺がそんなことで挫けるはず無いよね!さぁ皆正義の味方スコルピオマンを呼んであげよう!
せぇ~の~スコ…おいいいヽ(`Д´)ノ
俺だけ言わすとかやめてくれる~(◎ε◎)
まるでデパートの屋上でやってる戦隊物のショーの時のアナウンサーみたいだったじゃん!
そんな事ええねん(・ω・)俺のスキル発動(☆。☆)「こんに(ry」
なんでもこれでいちころよ~(≡∇≡)嘘だと思ってる人。
ま じ だ よ ^^
クルミさんと狩りしたとこ付近で声かけまくったな
kzring通称キリングさん kusurinさんは印象深いな
あと女アコいたけど忘れちったテヘ
キリングさんは結構会ったな。でそんなとこで狩ってたら俺の知り合いの輪だったのか、もともとそうしていたのか、俺が手伝ってもらってた人が集ってそこで狩り始めた。
皆ログインしたらそこで狩りをして皆が来るのを待つような感じだった。俺はもちろんソロ無理だから誰か来てからそこに行った。
クスリンはこの大分後に知り合ったからこの時にはいなかった。
初めは四人とかだったが俺のナンパと皆の知り合いも来るようになって多くて15人ぐらいで夕方から寝るまで喋りながら狩りしたな
もちろんもちぇも来てたよ(≡∇≡)
誰がいたかを極限まで思い出すと イル 赤血 きりんぐ 女アコちょ~お世話になったけど、どーしてもNから始まった名前思い出せない(・ω・) レオアチャこれも名前違う気がする。俺をいじめようとする女アチャだった(◎-◎;)
よしづきさんもここで知り合ったんだよね~
ひるでねえさんもいたな。おしょーさんとくすりんは最後等へんで知り合ったねもちクルミさんもれぎゅらーよ(◎ε◎)
最後にはこんぐらいともうちょいいたな(≡∇≡)
皆で通りかける人や少し離れたとこで狩りしてる人に話し掛けて仲間増やしまくって毎日宴状態じゃヽ(`Д´)ノ
やはりそこは俺の会話テクのおかげ?みたいな~(◎ε◎)
しかし勘違いしてはならないそこで集まっていたがPTに入った奴いない(・ω・)しかもPT作って結構たつがまだ人増やしてない!なんか増やす気も起こらなかったし~(◎ε◎)
そこに集う人はここソロでも狩れる人ばかりだった。俺ともちぇは小判ザメのように経験地をもらった(☆。☆)
皆会話メインだから快く壁してくれて超ハッピーだったよ(≡∇≡)
もちろん俺も会話は怠らない!何人とでも話したるわいといわんばかりに喋ってたな
超兄貴やシャアが強いって話を聞いたとき俺の頭の中ではマッチョな兄弟のボスとガンダムがいるとかこのゲームのイメージじゃないのにいるんだな。とか感心してたな(≡∇≡)
狩りにいくまでそんなのがイルと思ってたよ( ̄^ ̄)
二階で狩るようになって商人作ると収集品高く売れるとか露店だせるときいて作り始めた。二階の皆手伝ってくれてらくちんだった(≡∇≡)
キャラ作ってすぐFD2でレベルあげなんかしちゃってたのは俺ぐらいだろうな(≡∇≡)
敵にタゲられたら即ログオフ!これするとダメージ表示してHPが減るまでは昔は少し時間かかったからその間に落ちれば死なずにすんだ!
反射神経が要求される仕事だったが俺ほら天才だから(≡∇≡)
ちなみにHP減るまでの間なら囲まれて即死確定でも回復アイテムでHP増やせば死なずにすんだのだ!すばらしきかなβ時代(≡∇≡)
クエストでアルベからモロクまで歩くのはだるかったな(◎ε◎)
転職したら又FD2!がんがん上がったね(≡∇≡)
そんなレベルあげをしているとき、ダンジョンを歩きながら何か叫んでいる女商人がいた。
商人「あかぽにいもいかがっすか~収集品買うよ~」
確か名前NEKOさんだったきがする。
集いの皆が収集品を売ったりして
取引を終えてまた歩こうとすると商人が襲われたがメマーナイトで粉砕した。
奴はVIT系らしく硬かった。
ここで一人で狩りできる商人見て感動してどうしてそんな強いのかとか聞いたね(≡∇≡)
時代はVIT系らしかった( ̄□ ̄;)
俺も枠開いてたからもう一人商人を作ることに!もちVIT系(≡∇≡)
皆手伝ってもらっといて又違う商人育てるの悪いと思ったけどまた手伝ってくれた(・ω・)いい奴らだよ
しかしVITは茨の道だった。ソロじゃ狩れないし攻撃おせーし(・ω・)
俺は溜り場で小判ザメしたりクスリンがピラ2連れてってくれて壁してくれたな(・ω・)涙でちゃうね
ここまで書いて気付いた。じにさんが加わったのはファースト商人が商売スキル大体そろえた頃だということを( ̄□ ̄;)
前々からPTメンバー増やそうという話がでていて、俺は狩場で狩りながら探してたが全然見つからなかった。
そんなある日てぞさんからの呼び出しがかかった。俺はFD2で会話してたがすぐに溜り場に戻る。
当時の溜り場はフェイのマップ一番右の中央にある建物の中だった。今マップかわったからないのかな?(・ω・)
溜り場にはてぞともちぇさんがすでにいた。そしてそこには見知らぬ三人がいた!

次回予告!「え?人見知り?かえるですか?花さんハァハァ」の三本立て!
見逃すんじゃねぇぞヽ(`Д´)ノ
[PR]

by sukorupio | 2006-10-09 16:47 | 携帯日記